https://zebelreading.com

ぜべるんオススメ

[XP-Pen]DecoProMWをレビューする【コスパ板タブ】

「1万円台の板タブレットって使えるの?」
「中華製の板タブはお絵かきに使えるの?」
「XP-Penの板タブってどうなの?」

一言で言うなら

3万円するW社の

プロタイプの板タブと比べて

違いが分かりません。

むしろ、左側のホイールや

8つのボタンがあって

とても使いやすくて助かってます。
(今は左手デバイス使ってる)

「国産の板タブが調子悪くて〜」
「中華製の板タブの実力が知りたい!」
「感圧レベル8192の安い板タブを探してる」

そんな方へXP-Penの板タブは

おすすめできます!

DecoProMWのいいところ

MacBookProで使っています。

結論から言えば、

デカくてよかったです。

作業効率もよくなりますし、

線画を描く際には

手数も減るので

大きいに越したことはありません。
(液タブも同じく)

購入前に、姉妹モデルで

同社の「Deco Pro SW」という

小さいモデルと迷っていました。

価格差は約2000円で

読み取り範囲が

SW:12.7cm×22.8cm(5×9インチ)→約1万2千円
MW:15.2cm×27.9cm(6×11インチ)→約1万4千円

と本体の大きさの割に

読み取り範囲が広くなっています。

持ち運ぶこともないので

大きい方を選びました。

もしも「MW」よりも狭かったら

大いにイラストへ

影響していたとおもいます。

ぜべるん

かなりギリギリ…

他に、

マウス機能のある大きなホイール

大きな8つのボタン

左手デバイスが無くても

扱いやすいです。

「板タブを試してみたい!」という方にも

この点はおすすめできるポイントです。

国産のW社板タブのボタンよりも

大きく、扱いやすくて、好みです。

\こちらから買えます/
XP-PEN Deco Pro MW

DecoProMWの悪いところ

イラストソフトは
クリスタを使っています。

悪いところを挙げるならば

本体が予想よりデカい

作業環境に合わせるならば

本体サイズだけ

もう一回り小さいサイズが良かったです。

ぜべるん

W社の板タブだと本体は

スマートなモデルが多いですね。

上の写真の通り

机いっぱいになっています
(液タブも邪魔ですが)

あとは描いていて、

スライタスペンと位置が

ずれているような感覚が抜けません

ぜべるん

同社の液タブもそうだけど

ペン先のズレに慣れない。

iPadはストレートに

描けてただけに。

XP-PENに乗り換えて

日が浅いせいかもです。

ココは使いながら

追記していこうと思います。

DecoProMWで描いてみた。

5時間で仕上げました。

今までiPad、液タブを使ってきた

板タブ未経験から描いてみました。

率直に、

バランスがよくなった

PC画面から離れて

描けるようになったので

線画のバランスがよくなりました。

あとは板タブに慣れれば

精度も上がるはずなので、

努力次第です!

XP-PenDecoPro板タブはこんな人にオススメ

870gと軽いです。

・wacomプロ板タブが高くて迷っている
・コスパのいい板タブを探している
・スマホでも本格的にお絵描きしたい

こんなお悩みを持っている方には

XP-PenDecoProがオススメです!

サイズに関しては、

作業環境に余裕があるなら

大きいMWです。

ベタッと置くことになるので

スペースに余裕がないなら

SWを買いましょう。

こちらから買えます

\Amazonがイチオシ!/

\小さいSWはこちら/


\XP-Penの液タブレビューはこちら!/

\イラストはNFTで稼ぐ?/

\このイラスト添削講座がおすすめ/

  • この記事を書いた人

ぜべるん

名古屋の郊外で働く介護士4年目です。 将棋の藤井くんと同じ瀬戸市の育ち。 当ブログでは読んだ本の書評や感想を主に記事に書いています。 Apple信者でMacbookPro、iPad、iPhone、AppleWatcheSE揃えてます。 イラストは地道に勉強しています。 3度の飯よりブラックコーヒー好き☕️

-ぜべるんオススメ
-, ,