https://zebelreading.com

ライトノベル 小説 読書

とびじょの感想とネタバレ「人はモロい精神の持ち主」

2021年4月1日、角川スニーカー文庫より発売された

飛び降りようとしている女子高生を
助けたらどうなるのか?

アルバイトと、学生免除ために

必死になって生きている主人公は

ある日の帰宅途中に

「彼女が欲しくなった」と考えていました。

ふと見上げたビルの屋上に見えた人陰を発見すると

思わず階段を駆け上がって、自殺を食い止めます。

「私は…生きてる意味…ないですから」

「なら、俺の彼女になってくれよ」

飛び降りを止めてから始める

急展開「青春」ストーリー、

とっても面白いですよ!

相互関係から始まる生活【とびじょ】

https://twitter.com/namakomoon/status/1359430779911081985?s=21
飛び降りようとしていた
初白小鳥さん

とは言っても、身元がわからず

自分の事情を話したがらない少女。

家出をしているのに

行方位不明届はおろか、

身内も探していない異常な様子に

ひとまず「彼女」として1人暮らしをしている

主人公の家におきます。

主人公からは「彼女ができた」という悲願の成就、

初白さんからは居場所と自分を必要としてくれる存在、

win-win関係となって屋根の下で過ごします。

ただ、彼女の初白さんには

まだ言えていない家庭の事情があります。

飛び出てきた都合もあって

いつしか終わる関係に主人公も

覚悟しながら生活です。

ぜべるん

彼女(仮)じゃ

イマイチ喜びきれない。

こちらから買えます!

以降イチャイチャ生活【とびじょ】

https://twitter.com/kadokawasneaker/status/1380081519570481153?s=21

ワケアリの美少女を見つけた主人公は

屋上で出会ったときに違和感の正体に気づいています。

雨で透けたシャツで華奢な身体の肩にあるのは

殴られた時にできるアザであると。

ただならない事情を把握した上での

「彼女になってくれ!」と押して、

初対面にも関わらずOKもらってます。

そこからは同棲生活が始まります。

手作りの料理を作ってもらったり、

一緒にゲームしたり、デートしたり…

ぜべるん

普通のイチャイチャになってる?

しかし、彼女の初白さんの下調べを

体重と体格が可変式の友人が調べていると

「初白さんは存在しない」とわかります。

出会った時にきていた制服は近くの女子校のもので

いないはずがないのに「初白」さんはいません。

どういった事情があるのか

考えながら一緒に買い物に行ったスーパーで

答え合わせが待っていました。

人の精神はモロい【とびじょ】

主人公の通う高校で、「清水」という元野球選手の凄腕コーチ。

野球部の強化に努めていて、

中学では「秀才」と呼ばれた野球プレーができた主人公。

高校に進学して、1人暮らしと特待生、バイトのため

部活する時間もなく、

何より縛っていた親父が死んでから野球をやめて

すべて1人で生活しています。

そんな主人公を引っこ抜かんと

毎日、校長室に呼び出す「清水」コーチ。

どこも伏線らしき要素がなかったのですが、

ある日、初白さんとお買い物に行ったスーパーで

清水コーチと対面した初白さんは

「お父さん…」

「…小鳥」「何をやっているんだ!!お前は!!」

と事情を把握した清水コーチに「初白」さんは

家に連れて行かれます。

「初白」は亡くなった母親の旧姓を名乗っていて、

それで見つからなかったのです。

しかし、異様な形相で連れ帰った清水コーチ。

・初白さんの身体のアザ
・行方位不明届を出さない父親
・叱りつけて連れ帰った

「家族の問題だから」と突き放された主人公は

寄ったファミレスにいた同級生に全て話すと

やはり放っておけずに、清水家へと乗り込みます。

飛び降りようとするほど悩んだ彼女、

乗り込んだ清水家で見たのは、

自分の娘に暴力を振るう清水コーチ。

まさかの学校の教師で野球のコーチである

清水がラスボスでした。

ぜべるん

事故で母親が亡くなり
プロを怪我で降格、引退して
闇堕ちした父親。

「お父さんを守ってね」の
言葉通りに従った娘。

それはあるべき形とは違う
家族を作ってしまった。

彼女を救い出せ!

とびじょはこんな人におすすめ!

・人は環境ですべて変わるラノベを読みたい人
・飛び降り少女を阻止して一緒に生活するラノベを読みたい人
・願ったりで彼女を手に入れてイチャイチャするラノベを読みたい人

ぜべるん

人間ってモロい生き物だなぁと

読み終えて思った。

深いラノベでした。

こちらから買えます

\第1巻は726円/

\第2巻は748円/

https://twitter.com/zebelln0625/status/1413356634751963136?s=21

  • この記事を書いた人

ぜべるん

名古屋の郊外で働く介護士4年目です。 将棋の藤井くんと同じ瀬戸市の育ち。 当ブログでは読んだ本の書評や感想を主に記事に書いています。 Apple信者でMacbookPro、iPad、iPhone、AppleWatcheSE揃えてます。 イラストは地道に勉強しています。 3度の飯よりブラックコーヒー好き☕️

-ライトノベル, 小説, 読書
-, , ,