https://zebelreading.com

ライトノベル 小説 読書

元スパイ家政夫に転職するの感想とネタバレ「暗躍する暗○スキル」

「異世界ネタのラノベ飽きたな」
「変わった展開のラノベってない?」
「イケメンのスパイが家政夫?」

最近のラノベで一味変わった

ストーリーをお探しではありませんか。

元スパイが家政夫になって

暗躍してトラブル解決する

元スパイ、家政夫に転職する

というラノベをご存知ですか。

最初は

「これエロゲの小説版を読んでるのかな?」

と読んでいたんですが

「これ家政夫すら伏線じゃないか?」

と読んでいたら2日で読み終えてしまいました。

元スパイは何上にスパイをやめて

家政婦になったのでしょうか。

モテすぎてスパイ失格【元スパイ家政夫に転職する:感想】

主人公のナンバーナインと呼ばれる青年は

秘密組織の諜報員です。

しかし、ご覧の表紙のように青春ドラマで

1番モテる主人公並みにイケメンです。

モテすぎてスパイを下ろされます。

行く先々で、いきなり求婚されて、

「先っぽだけ!(ナイフの)先っぽだけでいいから!」

ぜべるん

先っちょだけのアレねw

と言った具合に仕事に支障が出まくったせいで

失敗し続けて、解雇を言い渡されます。

次の仕事の斡旋を受けたナンバーナインが選んだのは

三姉妹のいる家庭の家政夫でした。

普通の会社だったら正当な理由なく解雇されるって

ありえないんですが、どうにも損害しか出していないため

やむおえない形の様子です。

そして、選んだ家政夫の仕事では、

20人以上を蹴落としてきた美人三姉妹との面接があり、

ルックスの補正あってか即採用になります。

展開が可哀想?自分の境遇が

恵まれていなかったのは

「イケメンざまぁ」と思う人もいるんじゃないでしょうか。

さて、家政夫の元スパイは上手くやっていけるか

気になってきますね。

こちらから買えます!

わざとか恋に鈍感すぎ【元スパイ家政夫に転職する:感想】

家政夫になっても、やはりモテます。

しかし、当の本人は元スパイなのか

感情を殺しているために気づきません。

それどころか出先で出会う人からも色仕掛けをされます。

ぜべるん

オーバーすぎw

そして、家政夫として働く先の三姉妹からも・・・。

彼氏を演じて、学校での露払いをしたり、

心を開くためにトモダチ役に徹して、

拉致された次女を助けたり、

第1巻が終わる頃にはさらに伏線まみれになります。

ここまで読んで感じたのは

ぜべるん

エロゲでもやってるのか自分

と、思っていたら読み終わりました(笑)

そんな逆ハーレム状態の錯覚に落ちて、

気づかないフリなのか恋愛経験ゼロなのが

幸いしてわかっていないのか

イライラしました。

家政夫は伏線の可能性【元スパイ家政夫に転職する:感想】

第1巻の最後では、拉致された次女の事件を解決して、

相手の金持ち生徒の犯行わかるも

「すべて揉み消してやる!」となります。

ここから悪の相手との戦いかと思いきや、

相手のグループ全員、海外に飛ばされて粛清されます。

その手引きをしたのが、家政夫を依頼した、

三姉妹の母です。

しかも、元スパイであることから事件の発端まで

すべてを見通していました。

察するに

・スパイとしての見極め?
・元いた組織の腕前を試してる?
・政治的に利用された?

と深掘りができます。

意味深な第1巻の終わりでした。

恋愛トラブルを除けば、

次が気になってしまい第2巻も買いました。

さて、スパイものと言えば、

大きな組織が立ち塞がってくるのが定番です。

ヒロインの三姉妹は第1巻では

人物像だけしかわからず

次女以外の雇った理由もわかっていません。

この雇われた理由こそ

家政夫になったナンバーナイン「野宮クロウ」への

メッセージが込められているのでは?

第二巻が届くまで、お預けにします。

こんな人に元スパイ家政夫に転職するはおすすめ!

・元イケメンスパイ×家政夫が読みたい人
・鈍感系ハーレムを味わいたい人
・元スパイが暗躍するラノベを読みたい人

アニメでヤクザが主夫やるのは

ちょこちょこありました。

元スパイが家政夫になって、

トラブルに対処して行くのは

なかった設定で新鮮でした。

イラストも可愛いので

ぜひ手に取ってみてくださいね!

こちらから買えます

\726円で買えますよ!/

\第2巻はこちら!/

  • この記事を書いた人

ぜべるん

名古屋の郊外で働く介護士4年目です。 将棋の藤井くんと同じ瀬戸市の育ち。 当ブログでは読んだ本の書評や感想を主に記事に書いています。 Apple信者でMacbookPro、iPad、iPhone、AppleWatcheSE揃えてます。 イラストは地道に勉強しています。 3度の飯よりブラックコーヒー好き☕️

-ライトノベル, 小説, 読書
-, ,