自己啓発本 読書

論理、今すぐ身につけよ【非論理的な人のための論理的な文章の書き方入門】

日本の義務教育では教えられないこと、

論理

海外の教育では論理やディスカッションなど「ディベート」が盛んに行われるのに対して

日本の義務教育では、論理を用いることはない。

この受け売りは前回書評にした

「好き」しか本気になれないで紹介されていた本だ。

ぜべるん

論理って国語とか現代文の仲間か!?

私は学生の頃、国語や現代文が大嫌いで理系になった経歴がある。

結果的には理系の科目でメインとなる数学や物理は「論理」を使った文章を用いていて

気づいていないだけで論理には触れていた。

ぜべるん

論理ってそういうことか!

本書を手に取って序章を読んでいて「ハッ」と気付かされた。

【日本人はなぜ「論理的思考が壊滅的に苦手」なのか】

↑こちらの記事でも中盤から論理の重要性について語られる。

論理の入門には最適!【文章の見方も身に付く】

本書で語られる論理的な文章とは

クイズ文

『問題』→『結論』→『理由』

この構成といくつかのポイントを抑えれば論理的な文章が書けるというもの。

私が読みながらアウトプットした文章👇

このクイズ文の対象となる、私たちがよく見ている文章は

『日記文』と呼ばれ

『事実』+『感想』

本書では実際の文章から抜いて、解説とクイズ文への書き方が導かれていてわかりやすい。

例えば、

コロナ第3波で日本経済は再び混乱

2020年に入って猛威を奮っているコロナウィルス。2020年の3月に第1波、8月に第2波、そして11月に第3波がきた。感染者数は過去最高をマークし医療機関の崩壊を招いていることはもちろんだが、Go to トラベル/イートが問題視されている。「政府が対策をしないから第3波が起こった!」と国民から批判されても当然な成り行きである。非常事態宣言に近いものを発令するも、第1波ですでに経営が危ない飲食業や宿泊業、観光業は一体どうなるのだろうか。

ぜべるんが思いつき作成
ある男性

 ふーーん。

「ふーん」で終わっしまう文章、それが日記文。

ぜべるん

クイズ文と日記文。

この構成を見てから、文章を見る目が変わった。

今までのモヤっとした

『読まれやすい文章』の書き方とは

論理展開されて、理由が明白、反論されない文章なんだと。

言われてみれば稼いでるブロガーさんの文章のまとまり方って

論理的な構成ができているってことなんだ。

論理は読むだけじゃよく分からない

本書では実際に「ディベート=論理を使った討論」を体験できるのだが

いきなり読むとハードルが高く感じた。

それも小中学校で習った国語、高校で学ぶ現代文では論理は使われないからだ。

本書では論理的な文章を書けるように練習できる問いがある。

実際に本書の問いで作成した文章…あんまりにへっぽこな文章になったので書きはしない。

ぜべるん

いきなり論理的な文章が私に書けるかといったら無理!

論理を拒絶するとまではいかないけど、慣れるまではよく分からないままかな。

ヘブンカード、まだ持ってないの?

自分の考えたことを間違いなく伝えることができる

論理を学ぶことで身につけることができるのは

伝わる文章が書けるようになり、自分の考えたことを間違いなく伝えることができるとこ。

論理を勉強する前の私の論理へ対するイメージが

ぜべるん

論理を勉強すると「自分が壊れる」って怖い!

この思考で論理の存在は知っていた。

しかし、本書を読み終わると

ぜべるん

論理はブロガーは絶対に身につけるべきだ!!

早く論理を勉強しとけばよかった。

刺さる文章というか読み手を惹きつけて離さない文章=論理だ!

https://twitter.com/zebel19920625/status/1330328219464044544?s=21

ボリューム的には半日あれば読み切れる。

【論理的な文章の書き方入門】こんな人におすすめ

・ブログで読まれる文章を書きたい
・読まれる文章の構成を知りたい
・「売れる文章術」「読まれる文章術」←文章系の本が理解できなかった人
・論理をハードルを低いところから学びたい
・義務教育では学べない論理を学びたい人

あなたも論理を学んで、スマートな文章を書けるようになっとこう!👇

20代は死んでも読むべきビジネス本5選

ヘブンカード、まだ持ってないの?

ホームへ戻る

  • この記事を書いた人

ぜべるん

名古屋の郊外で働く介護士4年目です。 将棋の藤井くんと同じ瀬戸市の育ち。 当ブログでは読んだ本の書評や感想を主に記事に書いています。 Apple信者でMacbookPro、iPad、iPhone、AppleWatcheSE揃えてます。 イラストは地道に勉強しています。 3度の飯よりブラックコーヒー好き☕️

-自己啓発本, 読書
-, ,