おすすめ
【2022年】買ってはいけない絵の参考書とは?

この絵の参考書、難しすぎて付いていけない!
そもそもできる人向け(イラスト上級者向け)かよ・・・
絵の参考書なのに参考にならないってどんな本?

ストレートに言えば、

イラスト上級者向けやニッチな分野の
絵の参考書は買ってはいけません。

作例こと描いた後だけ紹介してあったり、

肝心な塗り方を端折ってしまってあったり、

言語化があまい本はコケるキケン大です。

この記事では、

イラストレーターとして修業しつつ、

Webライターをやっている白ろりが解説していきます。

どうしまが本気で教える服の塗り方【買ってはいけない絵の参考書】

どうしまさん、すいません。

マジで「基礎」書いてあったので買ってみたんです。

イラスト初心者がマネできませんでした。

基礎というか、

イラスト上級者で水彩/油彩ができてる方向け

厚塗りを「基礎」として解説するのは

ハシゴ外し以外の何でもないです。

本気で教えるならもっと細かく

ブラシのストロークや動かし方について解説したり、

できないならYoutubeなり解説してください。

Paryi先生の「髪の描き方」や「手の描き方」「肌の描き方」など

他のシリーズの方々と同じように

手間がかかってこその「本気で教えたい」じゃないですか?

服の影の付け方とか参考にしたくて買ったのに、
「厚塗り」(上級者)はマジで許せない。

※他シリーズは普通に参考になるのでオススメです。
(肌の塗り方は中級者向け)

イラスト最速上達法【買ってはいけない絵の参考書】

ストレートに、

塗りしか上手くならない。

かの有名なイラストYoutuberである

さいとうなおきさんの本ですが、

塗りだけ上手くなる太い本です。

絵、イラストがうまくなりたいなら人体デッサンなど、

基礎の部分ができる方、イラスト中級者向けのイラスト上達法です。

結果的に、ある海外イラストレーターさんの

素体と模写の方法を勉強して、

今はメキメキと上達しています↓

素体やデッサンがうまくなりたい方には「なぞり本」がオススメです。

考え方で絵は変わる【買ってはいけない絵の参考書】

2019年の本なので、やや古い情報ですが、

他のイラスト系Youtuber/Vtuberさんの登場で

ますますうさん臭さが増した一冊です。

むしろ、後発のイラスト系の方々が、

この本の内容を論破するように、

発信されている方が多い様に感じます。

しかも丁寧に解説されている方が出てきたとあれば、

本書は「です/ます」を使わない

ストレートな口調はイラっと来ます。

この辺りは、アニメ私塾さんの赤本の方が

3倍はマシです。

まとめ:買ってはいけない絵の参考書

まだ際どい本がありますが、

ここまで読まれて

「クソな本、まだあるよ!」
「この本、特に分かりにくいよ!」
「マジで買ってみて、分かりにくいから!」

といった本があれば、コメント欄までお願いします。

逆にオススメしたい本はこちらで紹介しています。↓


合わせて読みたい記事はこちら!

\サブスクでコスパ最強のオンライン講座?/

イラスト超初心者、このnote必見!

・イラストの上達方法はたくさんあって分からん!
・超初心者向けにバシッと決めた講座とかないの?
・なんで大工とか園芸には初心者向けがあってイラストにはないの?

そんなお悩みをお抱えの方へ、

朗報です!

イラスト超初心者を抜け出す【ムダのない上達ミニ講座】

というnoteを作りました。

・パルミーの半年プラン(約6万)を2か月でドブに捨てる
・アニメ私塾ネット村へ年会費(13,200円)を払うもネガ過ぎてやめる

などイラストの勉強には

躊躇せずお金をつぎ込み、

失敗した私が5000字を超える熱量で

執筆しました。

もしも、今イラストをやり始めるなら

このnoteの方法をブレずに半年やれば、

絶対に伸びる!

そんな内容を書き下ろしました。

↓気になる方は下のサムネイルをクリック↓

Twitterでフォローする

おすすめの記事