https://zebelreading.com

ビジネス本 自己啓発本 読書

天才は2度死ぬ【天才を殺す凡人:書評】

前に紹介した「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

と同じ著者の北野唯我さんの「天才を殺す凡人」です。

本書のインパクトが強烈で手に取った一冊で、

ぜべるん

「天才を殺す凡人」ってことは

私のような凡人が天才を殺すんだろうな。

書評を書いていくよ。

「天才を殺す凡人」で自分の立ち位置を知れ。

本書のポイントは「自分の会社での立ち位置を知ることで活躍できるステージを理解できること」です。

本書で書かれる人には3種類、存在していまます。

「凡人/秀才/天才」

ポイント

天才は、凡人や秀才には見えないものが見える。

秀才は、再現性に生きる論理的な生き物。

凡人は、共感性の中で生きる。

無論、この3つの人間だけでは組織は成り行きません。

「アンバサダー」という橋渡しの人間がそれぞれの間にあって回っています。

このアンバサダー、会社勤めの人であれば当てはまる人物が思い浮かぶはずです。

「悩める天才/エリートスーパーマン/最高の実行者」

ポイント

悩める天才は、天才と凡人の間で「一発屋」

エリートスーパーマンは、天才と秀才の間で「高い再現性と論理性」の持ち主。

最強の実行者は、要領がよく何をやらせてもうまくういく人。

こうして「天才/秀才/凡人」と「アンバサダー」があり、組織は回っていきます。

ぜべるん

会社で当てはまる立ち位置の人、出てきませんか?

この立ち位置を学んで、タイトル「天才を殺す凡人」の通り、主人公の青野は「凡人」という立ち位置を知ったこと、アンバサダーを使って根回しして組織を改革しようとするが、「天才が目の前で殺される」状況に立ち向かう青野はどうなるでしょうか。

【天才を殺す凡人:書評】本書の環境に出会うの無理

読んでいる私の今とは程遠い環境や世界の設定です。

本書のポイントは

組織論×個人の才能=自分の立ち位置や役割を見出せること

私も現状は介護職で足掻いてる下っ端です。

フル活用できるのはクリエイティブな会社に勤めるサラリーマンでしょうか。

普通の会社に勤めていると前に紹介した同著者の「転職の思考法」に出てくる「手段の目的化した成りの果て」の会社では役に立てられません。

あくまでも本書の末についている「公開後30万pvを超えたブログ」の内容をストーリー形式で刺さりやすくした内容です。

ある男性

感動した!

この勢いで自分の会社で革命を起こそう!

そうはならんやろ・・・

ぜべるん

【天才を殺す凡人:書評】武器を、選べ

主人公の青野(凡人)は「天才が殺される」土壇場に立たされて、ある武器を選びます。

ある武器とは

自らの言葉

私たち会話は、テレビやyouTubeなどの動画、身近な人間など「誰かの言葉」で語られることがほとんどです。

借り物ではない自らの言葉だけでありのままに使い語りかければ人は必ず動きます。

ぜべるん

これには「ハッ」とさせられた。

まるで少年時代に戻った感覚!

誰でもない自分の言葉で語るって大事ね。

「自らの言葉」を使って、土壇場を抜け出せるかでしょうか。

ラストは実際に手に取ってみください。

「天才を殺す凡人」はこんな人におすすめ!

職場の人間関係に悩む人だけでなく、

ある男性

俺はもっと輝けるはずなのに!

ある女性

私はこうありたい!

こんな考えを今の職場、世の中で実現したい方へおすすめです。

この本も、次の本も、私が書く本はずっと、

すべてのプロセスにいる、今挑戦しようとしている人に捧げる本

天才を殺す凡人より

ホームへ戻る

  • この記事を書いた人

ぜべるん

名古屋の郊外で働く介護士4年目です。 将棋の藤井くんと同じ瀬戸市の育ち。 当ブログでは読んだ本の書評や感想を主に記事に書いています。 Apple信者でMacbookPro、iPad、iPhone、AppleWatcheSE揃えてます。 イラストは地道に勉強しています。 3度の飯よりブラックコーヒー好き☕️

-ビジネス本, 自己啓発本, 読書
-,