おすすめ
Intuos Pro Sをレビューします【ワコムのペンタブ最強?】

・ワコムのIntuos Proって高いけど、どうなの?
・ワコムの「ペンタブ」は使えるの?
・他メーカーと比べてどうなの?

XP-Penで1番高いペンタブ(デコプロ)、センスラボのペンタブ、

そして、

2022年12月、ワコムのペンタブIntuos Pro Sへ乗り換えました。

ストレートに

ワコムの優勝です。

ただ、

買ってみて分かったメリット、デメリットも同時に分かりました。

この記事では、

実際に使用してみて、約1か月レビューを書いていきます。

\ワコムIntuos Proの購入は下リンクをクリック/

Wacom Intuos Proを購入する

ワコムIntuos Proのメリット[レビュー/評判]

なんといっても「描きやすさ」ですね!

実機を、名古屋は大須にある「ツクモ電機」さんで触ったところ、

これもしかして、描きやすいんでは?

となり、価格をググったら、Amazonが安い。

ウィンドウショッピングになりましたが、Amazonで買いました。

これまでの絵描きツールの順は以下の通りです。

XP-Pen16インチ液タブ(4万5千)→同社ペンタブ(1万5千)
→センスラボのペンタブ(3万6千)→XP-Pen24インチ液タブ(8万)

とウロウロとしていました。

2022年に乗り換え過ぎ!自分!

これらを最低3か月使ってみて、総評して、

ワコムのIntuos Pro Sは描きやすい!

ワコムIntuos Proのメリット①[レビュー/評判]

UIこと、タブレット側で操作した際の画面表示、

これは、XP-Pen、センスラボよりも、新設設計です。

ドライバ側のUI設定は、板タブとモニターの

画面比「16:9」もスグにできます。

センスラボも16:9はできます。

XP-Penは細かい設定が必要でした。

ワコムIntuos Proのメリット②[レビュー/評判]

これまで、「Medium」クラス、本体は縦20cm×横35cm、

用紙で言うと「A4」サイズよりも1回り大きいタブレットばかりでした。

しかし、Intuous Pro Sのサイズは「A4」よりも

1回り小さいサイズです。

これにより、

今までキーボードを奥に置き、手が届かなかったのですが

手前に持ってこれるので、レイヤーの名前を入れたり、

スペースに困らなくなりました!

ケーブルの取り回しが、やや問題アリですが、

描くには影響しないで、コレで満足しています。

\ワコムIntuos Proの購入は下リンクをクリック/

Wacom Intuos Proを購入する

ワコムIntuos Proのデメリット[レビュー/評判]

今回のワコム Intuos Pro Sに乗り換えてみて思ったこと、

それは、

本体、付属品や、消耗品の値段が高いことです。

ワコムIntuos Proのデメリット①[レビュー/評判]

(Amazon.co.jpより引用)

こちらがワコムのIntuos Pro Sでアマゾンで「定価27,776円」です。

競合となる、元ワコムの社員が

アメリカで立ち上げた「センスラボ」と比較すると、

(Amazon.co.jpより引用)

定価は「25,980円」です。

さらに、センスラボには

・本体に少し傾斜ついてる
・ドローイング手袋付き
・ノーマルペン/スリムペン付き
・USBレシーバー付き
・持ち運びケース付き
・少し替え芯もある

付属品をワコムで例えると、2万円相当オプションが付属しています。

本体+ペン1本で2万7千円は、ワコム高いです。

XP-PenのデコプロMは約1万5千円でした
(持ち運びケースはない)

今回のワコム Intuos Pro Sへ乗り換えには、追加で

「Pro Pen Slim」をセット買いで「9,000円」も買っています

ですので

トータルで「37,776円」しました。

ただ、

「背(描きやすさ)に腹(金)は代えられない」

ワコムIntuos Proのデメリット②[レビュー/評判]

本体に続いて、ペン先の「替え芯」です。

これも純正なら、5本セットで「1,000円」を超えてきます。

比較と言ってはあれですが、

中華のXP-Penだと50本、安いと1,500円くらいで買えます。

確かに、

ワコム以外のメーカーの替え芯もありますが、

もしもの故障時「保証対象外」となるのは、避けたいですよね?

泣く泣く、純正を買うにしても、

描く量が増えるほどに、ペン先の投資的な「消費」が避けられません。

ワコム ペンタブ VS センスラボのペンタブ

ワコム Intuos Pro Medium と同じくらいのサイズ、コスパ最強と言われる

センスラボのペンタブを、買い替えるまでは使っていました。

ぶっちゃけまして、

ワコムのペンタブの勝ちです。

条件は同じく、スリムペン同士での比較ですが、

狙ったところへ、しっかり線を引けて、

筆圧をかけやすくなりました。

細かな質感のライティングなどで、

手ごたえのある感触があります。

描きやすくなったというより、

2次元から、3次元になったような感覚です。

老舗のメーカーはさすがとしか、言いようがないです!

\ワコムIntuos Proの購入は下リンクをクリック/

Wacom Intuos Proを購入する

ワコムIntuos Proまとめ[レビュー/評判]

痛い出費となりましたが、

描いていて「ペンが乗ってくる」感じ

やはり老舗メーカーならではの特徴と感じました。

プロのイラストレーター、アニメーターさんも現場で、

よく使われているアイテムには「理由がある」と。

身をもって、体感しました。

また、

都会の電気屋さんであれば、実機を触って、実際に描くもできます。

迷っている方は、1度触ってからの購入をオススメします!

XP-Penのペンタブ、センスラボを使ってるなら、

次はワコムのペンタブ買っちゃいな!

使いやすさにびっくりするから!
(経験者は語る)

ワコムIntuos Proの購入はこちら

\場所を取らない「S」サイズ/

オプションで「Pro Pen Slim」+9000円で選べます!

私は細いペンでないと、長く持てないので、買いました。

Pro Pen Slimだけ買いたい方はこちら!

\普通の「M」サイズ/

\スパースに注意な「L」サイズ/

※追記:Pro Pen 2/Slim は「専用」の芯でないと使えませんッ!

エラストマー芯を買ったら使えませんでした。
(Pro Pen2は規格が新しい模様)

Pro Pen 2/Slim専用の替え芯はこちら(フェルト芯も選べます)


合わせて読みたい記事はこちら。

\白ろりの作業環境を紹介します!/

\センスラボの板タブレビュー/

\XP-Penの24インチ液タブのレビュー/

作業中に好きな音楽をおトクに楽しみませんか?

イラストの作業中や、絵を描いている時に

・新しいインスピレーションが欲しい!
・いつも同じアーティストの曲ばかりで飽きてきた!
・音楽からも新しい刺激が欲しい!

そんな方へオススメしたいのが

9,000万曲が聞き放題になるアマゾン ミュージック アンリミテッド

Youtubeを作業中に流していて、

つい目移りしてしまって↓

「…あ、ありのままに起こったことを話すぜッ!」
「YoutubeをBGMに流してたついでに」
「オススメ動画を観ていたら1時間、過ぎていたぜ(涙)」

なんてこともなくなり、

作業中の効率をアップできます!

青春時代に楽しんだ曲から、流行りの曲までカバーしている

アマゾン ミュージック アンリミテッド」を

スマホ/タブレット、PCへインストールして

作業中の集中力を高めて、

最近の曲を聴いてインスピレーションをゲットしませんか?

ちなみに、今だけの

1か月のお試し無料があります!

\お試し登録は下のリンクか画像をクリック!/

アマゾン ミュージック アンリミテッド

Twitterでフォローする

おすすめの記事