ビジネス本 自己啓発本 読書

1日3食やめろ!【空腹こそ最強のクスリ:書評】

あなたは小さい頃から1日3食、何も考えずに食べてはいませんか?

実は『1日3食』に明確な医学的根拠がなく、江戸時代に3食が流行り出したから、現代まで続いています

わかりやすい実例で1日に3食を摂ると、病気に罹患するリスクが上がるだけでなく、日中の眠気を引き起こしています

つまり、3食をしっかり食べることは『寿命を縮めている』と断言します。

ある男性

1日3食、食べるなって?

「食う・寝る・食べる」って言われるのにどういうことだ!

論文とか根拠はあるのか?

「食う・寝る・食べる」って
食が2回も出てるやん。。。

残念ながら
・医学的エビデンス(根拠)
・3食が早死/病気にかかる原因

どちらも「空腹は最強のクスリ」で証明された。

あなたはこの感想レビュー読んでどうするかな?

ぜべるん

【空腹こそ最強のクスリ:書評】「1日3食」根拠も裏付けもない

まず「空腹」こそ最強のクスリで語られるのは以下の通りです。

「1日3食が理想的である」という考え方には、確固たる裏付けはありません。

1日3回食事をとると、あとで詳しくお話するように、

・胃腸をはじめ、内臓が十分に休むことができず、疲弊してしまう。
・体内で炎症が起きやすい。
・「食べ過ぎ」を招き、肥満になりやすい。
・高血糖になりやすい。
・老化が進みやすい。

など体や健康にさまざまなダメージを与えることになるのです。

空腹こそ最強のクスリ

食事療法に関しては「糖尿病の人は炭水化物と糖分の摂取量を減らせ!」「肝臓が悪い人はアルコールを飲むな!」これらはだれもが知っていますよね。

しかし、「1日3食が正しい」という論文しかり、根拠はみたことがありません。

ぜべるん

1日3食の根拠ってあるの?

ふと自分の生活で振り返ると胃腸風邪になったとき「空腹で過ごせば治る!」と代々、我が家では言われてきました。

1日1食のおかゆ生活で翌日はスッキリと目が冴えていた記憶があります。

こんな経験から本書を見つけた私は「空腹こそ最強のクスリ」を読んでみようと決めました。

【空腹こそ最強のクスリ:書評】「3食は悪」は本当か?

ある男性

3食って、いつからできたの?

こちらのサイトの引用です。

現代では、基本的に1日3食が当たり前ですが、これが定着したのは江戸時代・元禄期(1688~1704年)以降のこと。江戸中期に、さまざまな産業の生産性が高まり、流通が盛んになるまでは1日2食が普通だったのです。

--(中略)--

一説によれば、1657年に江戸を襲った「明暦の大火」の後、町を復興するために、各地から大工、左官屋などの職人たちが集まってきたことで、食を取りまく事情が変化したと考えられています。

また、復興のために働いていた職人に、正午過ぎにも食事を出すようになったのがきっかけだった、とも言われています。

そのほか、戦国時代に戦いに明け暮れる武士たちが、体力をつけるため1日3回食事を取っていた生活習慣が、庶民にも浸透したのがだいたい江戸時代の中頃だったという説もありますが、浸透までに100年以上というのは、いささかかかり過ぎの気もします。いずれにしても江戸中期以降、日本人の間で徐々に「1日3食」が当たり前になっていったのです。

小学館の雑誌「サライ.jp」より

当時は肉体労働をしている人を中心に3食を食べていたことがわかります。

私は、かれこれ10年以上筋トレを続けていますが、筋トレした日は、「1日3食でもいいんでは?」と考えました。

私が愛してやまない筋トレ教本のポール・ウェイド著の「プリズナートレーニング」でも食事の方法に関しての記述はいくつかあります。

ぜべるん

この本では、監獄での3食を食べることについては特に言及されていない。

なぜならアメリカの収容所では、暴動対策で肉体労働が科せられるからだ

一体どれくらい「運動」をしたら3食の条件は満たされるのか。

『3食は本当に悪なのか』という点は「空腹こそ最強のクスリ」では、断言はしません。

しかし、医学的根拠を並べて『健康に害であ』と述べているのを見ると、3食は悪と述べているのと変わらずです。

この点は白黒つけて欲しかったです。

\プリズナートレーニングの書評はこちら/

【空腹こそ最強のクスリ:書評】16時間の空腹タイムで「オートファジー」

「空腹」が人本来の生命力を引き出す。
最新研究で分かった「オートファジー」という奇跡。

まず、最初に最後のものを食べて、10時間ほどたつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなって、脂肪が分解されて、エネルギーとして使われるようになります。
そして16時間たつと、今度は身体の中で「オートファジー」が機能し始めるのです。

--(中略)--

一方で、私たちはふだん、食べたものから栄養を摂取し、必要なタンパク質を作っています。
ところがなんらかの原因で栄養が入ってこなくなると、体は生存するためになんとか「体内にあるもの」でたんぱく質を作ろうとします。
そこで、古くなったり壊れたりした細胞内のたんぱく質を集め、分解し、それらをもとに新しいたんぱく質を作るのです。

空腹こそ最強のクスリ
ぜべるん

古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる機能ってことね!

このためにも空腹時間を確保するための具体案も書かれています。

その方法とはこちらです。

「夕食を18時に食べて、翌朝の朝食を10時に食べること」
「夕食を22時に食べる、翌朝6時に食べること」

ある男性

16時間も待てるか!吉野家の牛丼が食べたいぞ!

ある女性

何も食べるなって、いきなりは無理!

水分(糖分ゼロのみ)の摂取はOK、間食としてナッツ類はいくら食べてもOKです!

他にも
・ヨーグルト
・チーズ
・生野菜サラダ
これらもOKとのことです。!

ぜべるん

筋トレ界隈でもナッツには
・ビタミン
・たんぱく質
・ミネラル
・食物繊維
以上がが含まれていて体にいいよ!

この本を読んで私も早速、ツーリングがてら「オートファジー」を行いました。
基本、何かに没頭していると食欲を忘れる人間なので、朝食をヨーグルトのみで出発しました。

https://twitter.com/zebel19920625/status/1321032935550509059?s=21

1回目でも、以降の昼間の眠気が少なくなった感じがします!

本書でも「週に一回でもOK」と書かれています。

私も少しずつ慣れていくきます。

「空腹こそ最強のクスリ」こんな人におすすめ!

・慢性的な疲れやダルさを解消したい
・集中力をつけて仕事のパフォーマンスを上げたい
・おいしく食べながら、ダイエットを成功させたい
・アレルギーや花粉症から楽になりたい
・薬を使わず、がん・認知症・糖尿病を予防/改善したい

この3冊を読んで健康的な身体を手に入れろ」に戻る

これだけ読んどけビジネス本3冊はこちら

ホームへ戻る

  • この記事を書いた人

ぜべるん

名古屋の郊外で働く介護士4年目です。 将棋の藤井くんと同じ瀬戸市の育ち。 当ブログでは読んだ本の書評や感想を主に記事に書いています。 Apple信者でMacbookPro、iPad、iPhone、AppleWatcheSE揃えてます。 イラストは地道に勉強しています。 3度の飯よりブラックコーヒー好き☕️

-ビジネス本, 自己啓発本, 読書
-, ,