https://zebelreading.com

小説 読書

3日後に死ぬ君への感想とネタバレ「トラウマを乗り越えて」

2021年8月15日、

実業之日本社より発売された

3日後に死ぬ君へ

高校受験で失敗して

浪人になった主人公は

傷心の旅で石川県〜福井県のあたりに

旅に出ます。

最初は目的がなく、テントの用意を持って

訪れただけの土地のはずが

1人の少女と出会って、

「グリーンフラッシュ」という

奇跡を求めて2人は集まったのだと分かります。

傷心の旅の主人公ソーマと

3日で人を忘れてしまう少女「陽菜穂(ひなほ)」

2人は、日本では珍しいと言われる

グリーンフラッシュを見ることで

心の傷を癒せるでしょうか?

グリーンフラッシュで動き出す[3日後に死ぬ君へ]

グリーンフラッシュという

火が沈むタイミングで時折見ることができる

現象を求めて晴れた日に海岸に来る陽菜穂、

そこに、父さんと観にきた記憶を

辿ってきたソーマは彼女と出会って、

「一緒にグリーンフラッシュを見よう!」と約束します。

小説内では、グリーンフラッシュは

「見たものには幸福が訪れる」とされていて、

信仰じみた奇跡になっています。

受験で失敗したソーマは、

傷心の旅で、奇跡に縋るつもりで

テントの準備を持ってきました。

たまたま、不思議な雰囲気の陽菜穂という

二つ歳の離れた少女が現れて、

昔、父さんとみた「グリーンフラッシュ」と酷似した

写真を見せられて、運命を感じます。

「資金が尽きるまでに見れればいい」と

高を括っていたソーマは、

山へキノコを取りに行きます。

3日後に再開した陽菜穂に声をかけるも

「・・・えっと?あの・・・」

そう、彼女の記憶からソーマは

殺されてしまいます。

そこから、陽菜穂の過去に起きたことを

探るうちに、あるトラウマが原因で

高校生になったあたりから

3日で会わない人の記憶を忘れてしまう

記憶障害をかかえてしまったこと。

ソーマは、約束したグリーンフラッシュを

見ることを覚えているのに安堵するも

どうにかして治せないだろうかと

グリーンフラッシュを見ようと

改めて決意します。

しかし、資金も少なく

確実に見られる保証もない中で

どうやって陽菜穂を救えるか?

\購入はこちら!/
3日後に死ぬ君へ

陽菜穂の記憶障害は治らない[3日後に死ぬ君へ]

なんとかグリーンフラッシュを

観られる気候の条件が揃った日、

慌てて、福井県の東尋坊へ行った2人は

グリーンフラッシュの奇跡を拝むことができました。

これはグッドエンドか?

観ている最中にソーマは

過去に父さんと家族で来た時の記憶を思い出し、

そこには陽菜穂の家族も一緒にいたことを

思い出します。

過去のトラウマ、陽菜穂は亡くなった妹を

思い出すことには成功し、

記憶障害も取り除かれたかのように

誰もが思いました。

しかし、殻に閉じこもった彼女は

完全に心を開けませんでした。

3日で記憶はなくなるし、

資金の尽きたソーマの

心傷の旅は終わります。

最後の別れも、記憶を無くして

見送りに連れてきてくれました。

心残りだけ残って、

また浪人生の現実に戻って

陽菜穂のことを考え続けます。

ソーマは生きる目的を見つける[3日後に死ぬ君へ]

グリーンフラッシュをきっかけに

陽菜穂をどうにかしようとするうちに

好きになってしまいます。

しかし、迫る時間の中で

できることを探すうちに

自分は誰かのためにできるんだと

自信を持てるまで成長します。

逆にお父さんの

グリーンフラッシュの写真という

探し物がなく、ふらふらとしていたら

ソーマはただの引きこもりに

なったのではないでしょうか。

エピローグでは

ソーマは再度、受験して

合格します。

それまでも陽菜穂のことは

ずっと気にかけ、

状態を教えてもらっています。

より強力なグリーンフラッシュの

観測の目星がつくまで1年、

陽菜穂と一緒にあの閃光を見ます。

すると、思い出したかのような

素振りをする陽菜穂・・・。

果たして記憶障害は治ったのか。

こんな人に[3日後に死ぬ君へ]はおすすめ

・落ちこぼれが再起する小説を読みたい人
・記憶障害の彼女を助ける小説を読みたい人
・記憶の中で殺される小説を読みたい人

この小説は、

受験で失敗して、どうしようもなく

人生の意味を探す青年と

記憶の無くなる少女の

ボーイミーツガールの小説です。

誰だって人生で

塞ぎ込みたくなる瞬間はあります。

それでもキッカケさえあれば

人間は頑張れる生き物です。

たかが、大学受験を

浪人してしまっただけで

人生は終わるわけではありませんし

むしろ他人と違った道を進むことでしか

見えない人生もあるでしょう。

大人になって失敗するよりも

若いうちに失敗するうちに

見つけられる発見の方が

価値は高いです。

ぜべるん

転職を7回もしたら

意味がわかんなくなります。
(会社と裁判したこともあります)

でも今だからわかることもあります。

何事も楽しんだり、

学びの多い人生を送りましょう。

購入はこちら!


合わせて読みたい小説はこちら!

\もしも死神と寿命で取引するなら?/

\0.0000034%の奇跡/

\止者と生者のお別れの吹奏楽/

\紀元前からの一途なラブストーリー/

  • この記事を書いた人

ぜべるん

名古屋の郊外で働く介護士4年目です。 将棋の藤井くんと同じ瀬戸市の育ち。 当ブログでは読んだ本の書評や感想を主に記事に書いています。 Apple信者でMacbookPro、iPad、iPhone、AppleWatcheSE揃えてます。 イラストは地道に勉強しています。 3度の飯よりブラックコーヒー好き☕️

-小説, 読書
-, , ,