https://zebelreading.com

ライトノベル 小説 読書

こいなぜの感想とネタバレ「代行者としてか恋人としてか?」

2021年1月1日より角川スニーカー文庫より

発売された

恋人代行をはじめた俺、なぜか
美少女の指名依頼が入ってくる

表紙からも察する通りで

レンタル彼氏の代行サービスがメインで

ラブストーリーが展開していきます。

金欠大学生の秘策【恋人代行をはじめた俺:感想】

主人公の男子大学生であるリョーマは

幼い頃に両親が病気や過労で亡くなって

姉と自分とで生きています。

どうにか大学進学するも、

バイトと学業の兼ね合いは学生にはハードな様子です。

すると本屋のバイトが店舗の移転に伴い

続けられなさそうだと分かり、

新しく、かつ高時給のバイトを探していると

友人に勧められたのが

恋人代行サービス

指名が入ってデートしている間は

「時給2,000円を貰えて、プラス報酬(プレゼント)もある」と

まさに夢の条件を聞いたリョーマは

バイトを掛け持ちする形でスタートします。

ぜべるん

リアルでありそうな展開ね。

学業もあるし高時給バイトって

学生の夢だったなぁ。

と、トントン拍子で恋人代行サービスの

彼氏サイドで一件目を受けたリョーマは

ビギナーズラックよろしく

色々な意味で当たります。

結果的に、3時間のデートで1万円も稼ぎました。

ぜべるん

このビジネス、

リアルにあるかな?

ただ、主人公リョーマは生活と学費のために

恋人代行サービスで働くのに対して、

依頼する側は「恋人役をお金で買っている」状態です。

倫理的には、

どうにもグレー要素が多数です。

第1巻では、

以降の展開はわかりませんでした。

しかし、この倫理観がいつしか

波乱を呼びそうで面白そうです。

こちらから購入できます。

一線を越えちゃう?【恋人代行をはじめた俺:感想】

https://twitter.com/natsunomi_244/status/1340912131781271552?s=21

表紙の美少女とのレンタル彼氏と思いきや

もう1人、本屋のバイトで知り合った女子高生からも

偶然か「15万円で買うからデートしろ」と突きつけられます。

ぜべるん

主人公、何者だよ。

金は本気の恋を買えるのか【恋人代行をはじめた俺:感想】

レンタル彼氏をテーマに

1人目の姫乃は、仕事として引き受けて

2人目の愛羅は、個人的に引き受けています。

姫乃ちゃんの方は自身の仕事のネタにも使うための

商業的な利用だと後に分かります。

しかし、愛羅の方がどうにもキナ臭いです。

15万円という多額の報酬、それは金持ちの家庭で

「金で解決する家庭環境の女子高生」を相手にします。

ぜべるん

大学に1人はいたよね〜。

何でも奢ってくれる謎の金持ちキャラ。

周りがドン引きしちゃうやつ。

「世の中カネや!」という点も間違っていません。

でも、お金で恋人は買えても、恋そのものは買えません。

第1巻の終わりがけに、主人公リョーマは

女子高生の愛羅の家庭を知ってか

15万円を最後に返そうとしています。

人間の心は理性よりも感情が出てしまい、

金の問題ではなくなってしまいます。

利害関係の一致?

お互いに足りない穴を埋め合わせる関係?

恋人代行サービスとは

希薄な人間関係をお金で解決する

幻の恋を見せているのではないか。

第1巻を読み切って、

深く考えさせられました。

こんな人に恋人代行をはじめた俺はおすすめ

・金で買った恋人といちゃつくラノベが読みたい人
・恋人代行の名前で美少女とデートするラノベが読みたい人
・恋人代行の問題を深掘りしたい人

恋人代行はあくまで金の付き合いです。

しかし、第1巻では一線を越えそうな匂いが

すでにしているんですよね。

第2巻も発売されています。

気になる方はチェックしましょう!

こちちから買えます

\726円で買えます!/

\第2巻はこちら!/

https://twitter.com/zebelln0625/status/1402799776928702466?s=21

  • この記事を書いた人

ぜべるん

名古屋の郊外で働く介護士4年目です。 将棋の藤井くんと同じ瀬戸市の育ち。 当ブログでは読んだ本の書評や感想を主に記事に書いています。 Apple信者でMacbookPro、iPad、iPhone、AppleWatcheSE揃えてます。 イラストは地道に勉強しています。 3度の飯よりブラックコーヒー好き☕️

-ライトノベル, 小説, 読書
-, , ,