https://zebelreading.com

小説 読書

【涙なしで読めるか?】100万回生きたきみの感想(ネタバレあり)

2021年の8月25日に

角川文庫より発売された

100万回生きたきみ

20代で死ぬ呪いをかけられて

転生し続けた主人公の洸太(こうた)、

禁断の恋から同じく記憶を持って

転生するヒロインの美桜(みお)。

主人公の呪いを解除するために

現代を100万回繰り返すうちに

美桜の精神が崩壊します。

「人はかくも脆い精神の持ち主」を体現するかのように

倒れた美桜を見舞う洸太は、

腐れ縁の友達である「ハルカ」に

「最初の俺は、紀元前に生まれた英雄だった」と

ヒロインの精神崩壊までのストーリーを語り出します。

生きて帰れない竜討伐から始まる[100万回生きたきみ]

紀元前では「ミアン」と「タラニス」

100万回も現代を繰り返すのは

紀元前のできごとに遡ります。

女神との「女神のみを愛せよ」という誓いで、

英雄の力を手に入れた洸太は

王の命令で「竜討伐」を命じられます。

その際に語られたのは

「生きて帰れない定めにある」という預言です。

若干20歳にして、

帝国のため
市民のため
生みの親のため

死に戦に旅立つ洸太には

書物に記す係として1人の女性が

途中までついていくことになります。

この女性こそヒロインの「美桜」です。

道中で、2人は打ち解けるうちに

あっという間に恋仲になります。

つまり、洸太は神との契約を無視、警告も聞かずです。

竜討伐にやってきた山で

洸太は運命に争い、竜を討伐します。

これはまさか、死亡ルートを避けて新規ルート開拓??

かと思いきや、

ついてきた美桜の下まで戻ると

彼女は槍で貫かれて、息絶える直前でした。

そして、洸太は神との誓いを破棄し、

女神から呪いをかけられます。

「20歳の誕生日に死ぬ」
「記憶のみ維持して転生する」

一方で、竜との戦いの直前で

お互いに「最後の別れになってはならない」という

誓いを立てていました。

この誓いのせいで、2人は

永遠とも言える2500年を

転生し続けて、再び出会います。

\購入はこちら!/
100万回生きたきみ

黒幕が100万回の運命に耐えかねて消える[100万回生きたきみ]

現代での「美桜」と「洸太」

この一連のストーリーを「ハルカ」に聞かせ、

普通は「信じられない話」を、

なぜかハルカは信じます。

呪いの正体は「ハルカ」なのだから。

2/3ほど本作を読んでいると

洸太の死が近くなると毎回、

黒い蝶が舞ってきたり、鳥が飛んでいます。

これこそが「20歳で死ぬ」呪いが紀元前から

形を変えてくっついてきました。

しかし、美桜(紀元前ではミアン)は現代で

何万分の1という確率で洸太と再び巡り合って、

このチャンスを逃すと

「次にいつ会えるか分からない」悩んだ末に

過去に一瞬だけトリップする方法を考え出して、

美桜は実行します。

これが現代で100万回を繰り返す原因に。

紀元前にもどった2人は湖の辺りで

誓いを書き換えることに成功します。

しかし「呪いそのもの」を解除できなかったために

洸太が20歳で死に続けて、

美桜も現代を繰り返します。

その中で、蝶だったり鳥だったりした呪いは

「ハルカ」という人間になって知性を得て、

2人の100万回ループを見届けて、

繰り返す運命から解放します。

え?それでいいのか・・・

この呪い、私は「紀元前に呪いをかけた張本人」が入っていて、

現代で人間となって具現化して、

洸太と美桜に対峙するかのかと

思っていました。

蓋を開ければ、温情でなくなります。

このラストが、イマイチぴんときませんでした。

2500年越しの一途なラブストーリー[100万回生きたきみ]

紀元前からは2500年、

現代では洸太の20歳までを100万回繰り返して、

やっとミアン(美桜)とタラニス(洸太)は結ばれます。

最後のハルカと一緒のとき、

記憶の蓋となる竪琴で奏でる「タラニスの歌」。

歌わせることなく

ハルカが消えて、

100万回の記憶を引き継がせずに消えます。

今までのループでは、

いずれも「タラニスの歌」で記憶が戻ったことで

美桜の精神は崩壊していました。

美桜の精神は守られるか?

というのは謎ですね。

ハルカが消えたことで、

2人は紀元前に約束したアテナイの地こと

ヨーロッパはル・マンまで行って、

記憶の蓋となる「タラニスの歌」を竪琴で

奏でるところで物語は終わります。

もうループしないとは思いますが。

こんな人に「100万回生きたきみ」はおすすめ!

・泣ける(?)紀元前の恋物語を読みたい人
・英雄の一途な2500年越しの恋物語を読みたい人
・100万回繰り返してギリギリ運命を乗り越える小説を読みたい人

SNSや本の帯には

「涙なしでは読めません!」
「余韻で号泣でした!」

とは書かれているんですが、

ぶっちゃけて、洸太(タラニス)が呪いの存在に

気づいて、蝶や鳥の時点で殺すことができれば

デスループから早い段階で抜けられたのでは?と思う。

不思議なほど寄ってくるので

「これはミアンの生まれ変わりだ!」と

思い込んで、20歳で死んでいます。

確かに、自身も転生していく過程で

人ではない生き物に転生したこともあったから

「ミアンがどんな姿でも愛している!」と

なったのでしょう。

泣けるというよりは

英雄タラニスの人を疑わない正直な

一途野郎だったからよかったのかな。

どうみても黒い時点で、何かの使いにしか

見えないんですけどね。

こちらから購入できます


合わせて読みたい小説はこちら!

\死神と寿命を交換できたら?/

\0.0000034%の奇跡/

\止者との演奏会で過去にお別れ/

  • この記事を書いた人

ぜべるん

名古屋の郊外で働く介護士4年目です。 将棋の藤井くんと同じ瀬戸市の育ち。 当ブログでは読んだ本の書評や感想を主に記事に書いています。 Apple信者でMacbookPro、iPad、iPhone、AppleWatcheSE揃えてます。 イラストは地道に勉強しています。 3度の飯よりブラックコーヒー好き☕️

-小説, 読書
-, ,